プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (171)
長散歩 (3)
鳥海山 (99)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (53)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (77)
イベント (107)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (215)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (103)
花景色 (148)
桜景色 (72)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (43)
紅葉景色 (21)
梅だより (31)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (123)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (60)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2011年07月17日

出羽二見夏色暮景

昨日の夕食後に、CUBでフラフラと海へf01
7/16 19:00ころの、遊佐町 吹浦の名勝 出羽二見に沈む夕陽です。



空も海も・・・周囲を金色に染め上げた太陽が、次第に赤味を帯びながら
ゆっくりと出羽二見の夫婦岩(めおといわ)の間に沈んで行きます。





「 夫 婦 岩 夏 の入 り 日 の 綱 渡 り 」(原 保郎)



空にある時には緩慢な動きに見えていた太陽ですが
日没まぎわには、意外なほど滑らかに水平線の向こうに沈んでいくのに驚かされます。



近くで写真を撮っていた常連の方のお話では、水平線間際の黒い影は飛島の北端との事でした。



夕陽が水平線にかかってから5分足らず・・・



暑い暑い昨日の太陽は、美しくあっけなく海の向こうへ消えて行きました。



フォトラバ「今稚句抄」に参加しています。


同じカテゴリー(夕景(yukei))の記事画像
冬至の夕暮れ
今日の陽はさようなら♪
余光残照♪
八面川夕桜♪♪
師走夕景吹浦漁港☆
吹浦漁港の夕暮れ♪
同じカテゴリー(夕景(yukei))の記事
 冬至の夕暮れ (2016-12-21 20:48)
 今日の陽はさようなら♪ (2016-12-08 17:55)
 余光残照♪ (2016-08-10 20:16)
 八面川夕桜♪♪ (2016-04-14 07:14)
 師走夕景吹浦漁港☆ (2015-12-15 07:15)
 吹浦漁港の夕暮れ♪ (2015-11-13 18:48)
この記事へのコメント
夫婦岩の夕陽 絶景
夕陽が沈む時のパワーに偉大さを感じますね

新潟県の岩船 で 見た夕陽を一緒に見てたんですね
Posted by しゃくやく at 2011年07月17日 12:28
しゃくやく さん
コメントありがとうございます。
しゃくやく さんは岩船にいらしてたんですね~♪
海に沈む夕陽は、何度見ても心が震える思いです☆
短い時間でしたが、昨日もすっかりリフレッシュして帰宅できました(^ ^)
Posted by はらほろはらほろ at 2011年07月17日 13:14
またまた、すてきな写真。。
太陽さんも、沈み始めると早いよのー
最近すっかりごぶさたの吹浦です。
こんな夕陽がすぐ見れるはらほろさん
ちょっと、うらやましいぞー。
Posted by ミント at 2011年07月17日 15:30
はらほろさんへ☆

沈んでいくまでの夕陽、綺麗ですね
5分足らずで消えてしまうんですね・・

中町ではどうもでした・・もっけでした(^^)
Posted by える☆ at 2011年07月17日 17:08
ミント さん
コメントありがとうございます。
夕暮時の吹浦港は、イキでイナセな釣り人達と
互いの手と手を“恋人ツナギ”にしているアベック(古っ!)と
モノスゴい望遠レンズのカメラを三脚で固定したホンキのキャメラマンがいるばかりで
コンパクトデジカメを首からさげてフラフラしている私なんかは
とても“浮いている”存在でした(^_^;)

える☆ さん
コメントありがとうございます。
昼日中の永遠に続くのではないかとさえ思う太陽の光も
夕暮になると、意外なほどあっけなく海に沈んでいきました。

お昼はお世話になりました♪
四つ葉の絵手紙・・・
額に入れて、玄関に飾っています(^_-)-☆
Posted by はらほろはらほろ at 2011年07月17日 20:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。