プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (170)
長散歩 (3)
鳥海山 (99)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (53)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (77)
イベント (107)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (215)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (102)
花景色 (148)
桜景色 (72)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (43)
紅葉景色 (21)
梅だより (31)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (123)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (59)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2016年09月06日

かねやまそぞろ歩き

イザベラ・バード記念碑をみたあとに、ガイドマップを片手に町内を散策。
中心街の北部を流れる金山川に架かる、「きごころ橋」



ゆったりとした空間の木造の屋根付き歩道橋は、職人の意気を感じる金山杉の名橋です。



川風に吹かれて観る、金山川の景観も格別。



きごころ橋の近くには、「めがね堰」に鯉が悠々を泳いでいます。





町内には「大堰」や「めがね堰」の他にも水路が縦横無尽にはり張り巡らされていて
街の中心部をくまなく潤していました。



役場の周辺に、歴史を感じる建物と緑の景観が共生してる金山中心街・・・









歩くだけで心癒される街並みです。







  

2016年06月05日

旧両羽橋の親柱

酒田市両羽橋の広田地下道の入口で見つけた、旧両羽橋の親柱です



昭和十一年七月竣工とある旧両羽橋の親柱には、『りやううはし』の文字が





インダストリアルでモダンなデザイン、今見ても斬新ですっicon12



少し趣旨は違うかも知れませんが、フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加させて下さい   
タグ :酒田

Posted by はらほろ at 08:37Comments(2)マイ.橋あります!

2016年03月22日

お江戸日本橋♪

今回の東京行きで、積年の念願だった東京都中央区日本橋へ行ってきましたf01



慶長8年に徳川家康により掛けられた初代日本橋から数えて19代目の日本橋は
1911年(明治44年)4月3日開橋の花崗岩製の橋。
橋名盤の文字は、15代将軍徳川 慶喜 の晩年の筆と伝わります
icon12



映画やドラマの舞台でもお馴染みの日本橋・・・
ALWAYS続・三丁目の夕日



麒麟の翼!!







日本橋親柱の獅子と旧東京市章も見逃せません!!!



路上芸術観察者として!?何より楽しみにしていたのは、東京市道路元標kya-



ホンモノは車道の真ん中で観に行けないんですがicon11



歩道脇でレプリカを鑑賞することができましたheart







日本橋魚河岸記念碑に三越本店に、歴史好きにはタマらない‶物件”が目白押しの日本橋界隈・・・








駆け足で巡ったのは、ホンット心残りですicon11



フォトラバ [下を向いて歩こう] 、[※マイ.橋あります!※ ]に参加しています


  

2011年10月11日

日和橋の親柱

酒田駅前を散策していて、歩道の端に「日和橋」と書かれた石柱を見つけました。



形状からいって「日和橋」という橋の親柱のようです。



一対になっている石柱には、大正十二年(1923年)十月竣功の文字が。



二つの親柱の間隔は、人ひとり分ぐらい・・・
一見周囲には川は見当たりませんが、かつてはこの場所に
「日和橋」という橋がかかっていたのでしょうか



ネット等で、「日和橋」について調べてみたのですが
詳しい事は分かりませんでした。
ご存じの方がおりましたら、ぜひご教示願いたいものです。

少し趣旨は違うかも知れませんが、フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加させて下さい   
タグ :酒田

Posted by はらほろ at 10:49Comments(6)マイ.橋あります!

2010年09月09日

栄橋

国道7号線の日向川に架かる宮海橋を渡ると、河口側に見える栄橋(さかえばし)
日向川の最下流にかかるこちらの橋は、
左岸側がコンクリート橋右岸側が木橋、しかも高さも違うという特殊な形状をしています。



左岸側から見ると、ありふれたコンクリートの橋なんですが・・・



中央まで渡ると、急な落差に驚かされますicon10



こちらは右岸側から見た木橋の栄橋。



潮風に洗われた木の欄干が、歴史を物語りますicon10



これが橋の境目部分。



日向川は多くの場所で遊佐町と酒田市の境界線になっているので、
こちらの橋も境界線部分で遊佐町と酒田市の貧富の差をあらわしていると勝手に思い込んでいたんですが
実は栄橋付近は両岸とも遊佐町なのだそうで、
単に過去の災害で左岸側だけ大破したために半分を架け替えたというのが真相なのだそうです。
(詳しくはこちらを参照願います。)

木製側の橋は、見た目にもかなり損傷をきたしている様子icon11
新しい橋に掛け替えて欲しい気もするし、この珍しい橋のまま残してもらいたい気もするし
なんだか複雑な気分です。



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   
タグ :遊佐町

Posted by はらほろ at 07:06Comments(12)マイ.橋あります!

2010年08月02日

河童橋

昨日の仙台旅行の帰り道、前から気になっていた橋の写真を撮ってきました。

宮城県 色麻町(しかまちょう)河童橋です。



橋のたもとで物を想う河童様



どことなく憂いをふくんだ表情がステキです



橋の反対側の河童様はあぐら姿でくつろいだ印象。



ちなみに橋の下を流れる川の名も河童川でした



「河童のふるさと」をキャッチフレーズとする色麻町・・・
橋の河童様は、これからも河童川と色麻町を見守っていくんでしょうねicon12



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   
Posted by はらほろ at 07:31Comments(8)マイ.橋あります!

2010年07月09日

かみのやま 矢来橋(昭和初期)

昨日見てきた文翔館の絵はがき展での一枚。

かみのやまの矢来橋、昭和初期の様子です。





前にガジラさんが紹介して下さった現在の矢来橋と比べると、
川の雰囲気も含めて印象がかなり異なっていて興味深いです

文翔館に展示された絵はがきには、単なる観光名所だけでなく
当時の人たちの風俗・生活などが切り取られた写真もあり、かなり楽しめました

近所の写真を探して、今と比べて見るのも一興かと思いますicon12

フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   
タグ :かみのやま

Posted by はらほろ at 17:35Comments(6)マイ.橋あります!

2010年04月08日

鶴岡跨線橋

こないだのお休みに鶴岡市内をぶらぶら・・・
いつも車で通過するばかりの鶴岡跨線橋を歩いてみました



旧かな遣いの名板は、歴史ある橋の証



昭和十七年三月竣工とありますから、
さきの戦争の真っ只中に作られた重要な橋だったんですね。



親柱の一方には「國道十號線」の文字が



調べてみたら1920年(大正9年)から、1952年(昭和27年)に国道7号になるまでの間
國道10号と呼ばれていたようです。(現在この場所は県道になっています)

跨線橋から見る羽越本線。
このあたりは単線になっているんですね。



これからも末長く、鶴岡駅前への玄関口として私たちの通行を支えてくれると思いますicon12


フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   

Posted by はらほろ at 10:40Comments(2)マイ.橋あります!

2010年02月25日

鶴岡そぞろ歩き~内川橋めぐり~

昨日の鶴岡散策の記事の続きです。
市内を無意味に歩きまわっていた私が興味を惹かれたのは、
市内を流れる内川に架かる個性的な橋たちでした
まずは鶴園橋





こちらの橋の灯篭は、鶴ニイさんの会社が製作した事で(私の中では)有名ですっ

お次は“赤い欄干”三雪橋



最上氏庄内統治時代より、この場所に架かっていた内川最初の橋との事。
この場所から鶴岡の発展を見守ってきたんですね。



三雪橋の下流にかかる千歳橋は、旧櫛引町出身の彫刻家、富樫実 さんのデザインだそうです。



“空にかける階段”・・・モダンですっicon12



千歳橋の下流にはこれまたモダンな開運橋



こちらも富樫実 さん“作品”です。



最後にやって来たのが大泉橋



近代的な千歳橋開運橋とはうってかわって歴史を感じる大泉橋・・・

すぐ脇に、史跡「松尾芭蕉乗船地跡」がありました。





橋の一つ一つに個性と由緒を感じる内川の橋々。

桜の古木が並ぶこの川沿いを、今度は桜の季節に歩いてみたいと思いましたicon12



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   

Posted by はらほろ at 06:56Comments(9)マイ.橋あります!

2010年02月18日

蚕桑橋

遊佐町 蚕桑(さんそう)地区の入口に架かる蚕桑橋
いつもは素通りしている小さな橋ですが、ふと目についた川景色に惹かれて車を停めました。



どこにでもある田舎の川景色も、雪でお化粧するとまた風情が変わって見えます。





昭和38年12月竣工の蚕桑橋、これからも風雪に耐えて私たちの暮らしを支えていくのでしょうね。





フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   
タグ :遊佐町

Posted by はらほろ at 08:04Comments(5)マイ.橋あります!

2009年07月22日

楢下宿 めがね橋

一昨日のかみのやま家族旅行。
こんにゃく番所でお腹を満たした後、ガジラさんから教えていただいた楢下宿へ寄ってみました。

時間の都合で駆け足の散策になりましたが、橋好きの私にとっては垂涎の“物件”を見つけました。
金山川に架けられた新橋覗橋、ふたつのめがね橋です

こちらが上流に架かる新橋



明治13年(1880年)8月竣工だそうですから、今年で129年目の老橋です。
積まれた石の一つ一つにも、歴史の重みを感じますね~icon12







こちらは下流側にある覗(のぞき)橋です。



上流にかかる新橋に遅れること2年、明治15年に架けられたそうで
調べてみたら、かの斎藤茂吉 さんと同い年でした。





どちらの橋も誕生して120余年を経ていまだに現役
ホントに素晴らしいですicon12

新橋の近くは、ちょっとした広場になっていて
子どもたちも水に親しむ事ができました。



山あいを流れる川に石の橋・・・
上山が育んだ“文化”を、親子揃って肌で感じてきました



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   続きを読む
タグ :かみのやま

Posted by はらほろ at 08:15Comments(9)マイ.橋あります!

2009年06月22日

鳥海橋 ~清風の日向川~

昨日の午後は真夏なみの蒸し暑さ (+_+)
少しでも涼を求め、“川見物”にいってきました

遊佐町と酒田市(旧八幡町)の間を流れる日向川(にっこうがわ)にかかる鳥海橋です。




鳥海橋と言うだけあって、こちらからの鳥海山の眺めもなかなか綺麗です

この時期、ウチの近所の月光川は水量が少なくなるんですが、こちらは水量豊富で頼もしいですね~icon12

上流側



下流側



せっかくなので、川の近くまで降りてみました。

橋の下は、流れが急になっていて涼しさ満点です。











カメラを落とさないか、別の意味で冷や冷やしながら撮影してきましたicon10




フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   

Posted by はらほろ at 06:58Comments(15)マイ.橋あります!

2009年05月11日

鯉のぼりと月光橋

遊佐町を流れる月光川に架かる、その名も月光橋
ただいま、橋の脇には鯉のぼりがたなびいています。



この鯉のぼりは、橋のたもとに遊佐小学校100周年を記念して、PTAの皆さんがあげて下さったとの事。
鳥海山を背景に五月の風を悠々と泳ぐ様は、なかなか壮観です






川面には立派な“魚影”が映っていましたicon10



朝夕は登校・下校の小学生で賑わう月光橋
昭和34年竣工の古い橋ですが、これからも子供たち通学を、優しく見守っていくと思いますicon12



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています   

Posted by はらほろ at 09:29Comments(19)マイ.橋あります!

2009年02月27日

今日の旧朝日橋

夕方の散歩。
いつもの散歩コースの旧朝日橋に、たくさんの“お客さま”が来ていました。



映画のロケ地を訪ねて来られたのでしょうか、手に手にカメラを持っての写真撮影です。





私の愛するこの風景を沢山の人と共有できるなんて、とても嬉しくなりましたicon12

【おまけ】

映画で主人公夫妻が“いしぶみ”を手渡した河原から見る鳥海山。



久し振りの青空に、鳥海山も映えていました

フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています☆
  

Posted by はらほろ at 19:07Comments(15)マイ.橋あります!

2009年01月24日

縣道狩川遊佐線

遊佐町三川地内にある、「豊岡橋」の欄干です。
「縣道狩川遊佐線」とあります。




狩川~遊佐間・・・・道路の起点としては、いささか中途半端な印象がぬぐえません。
昭和34年当時は、狩川~遊佐間に密接なつながりがあったんでしょうかicon10



竣功して50年近く経っても、私達の交通を支える頼もしい橋ですicon12


フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています

追記:記事では『豊岡橋の欄干・・・』と書きましたが、写真の部分の名称は『親柱』というのだそうです。
【hama1】のバック さんから教えていただきました。
バック さん ありがとうございます(^^)/

  
タグ :遊佐町

Posted by はらほろ at 10:44Comments(8)マイ.橋あります!

2009年01月20日

廣畑橋 雪景色

去年の紅葉の時期に紹介した、廣畑橋

前回の記事のコメントで、伊藤さんから、こちらの橋は雪景色も綺麗だと教えていただいたので
この間のお天気の日に行ってみました。



橋から見た上流側





下流側



私が行った時には他に人影もなくて、まさに静謐といった風景でしたicon12



こうなったら、春と夏の廣畑橋の風景もカメラにおさめたいと思いますcamera

フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています☆  
タグ :遊佐町

Posted by はらほろ at 06:58Comments(16)マイ.橋あります!

2008年12月04日

金杉橋

遊佐町を流れる月光川に架かっている橋としては、
前に紹介した月光川大橋文殊大橋の中間にあるのが、
今回ご紹介する金杉橋です。



名前の由来は、金俣地区と杉沢地区を結ぶ橋から来ているのでしょうね。

橋の上から見る、上流側の景色。
一昨日行った時には、橋の上から鳥海山がキレイに見えましたicon12




下流側の景色。



月光川もこのあたりまで遡ると、“渓流”って雰囲気になってきますicon12

昭和27年5月竣工ながら、今だに地域の交通を支える重要な橋です。



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています  

Posted by はらほろ at 06:58Comments(8)マイ.橋あります!

2008年11月23日

廣畑橋

遊佐町 月光川水系の高瀬川。
広野地区と畑地区を結ぶ廣畑橋です。



昭和31年5月竣工のレトロな橋ですが、現役バリバリ
昨日のお昼頃に行ったんですが、橋の上からの景色はただ今紅葉まっ盛りでしたicon12

上流側



下流側



車のすれ違いもキビしい小さな橋ですが、このたたづまいには何故か心惹かれます



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています

  

Posted by はらほろ at 10:18Comments(7)マイ.橋あります!

2008年11月22日

文殊大橋

先週末の写真で恐縮ですが・・・
前に紹介した旧朝日橋の上流に架かっている文殊大橋です。



平成八年に出来た比較的新しい橋なので、欄干にも凝ったレリーフがありますicon12



橋のたもとにはお地蔵さまが・・・



このお地蔵さまが橋の名前の由来・・・
と、言いたいところですが名前の由来は近くにある岩上文殊菩薩からきているようです。

橋から眺める月光川
上流



下流



朝日橋から文殊大橋までの河川敷は片道30分強の遊歩道として整備されており、
お天気さえ良ければ、休日のウォーキングに最適のコースですicon12



フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています  
タグ :遊佐町

Posted by はらほろ at 09:34Comments(7)マイ.橋あります!

2008年11月15日

月光川大橋

最近ブロクでお友達になった伊藤 さんのブログで、遊佐町内の月光川ダムの紅葉の素晴らしさに触れた私・・・
実物を観たくなって、久し振りにCUBで出かけてみました。



残念ながら紅葉の盛りは過ぎていたようですicon10



美しい紅葉の写真は、ぜひ伊藤 さんのブログ風の記憶でお楽しみくださいicon12

唯一、月光川大橋のたもとにあるドウダンツツジの紅葉がキレイだったのでCUBと記念撮影。



月光川大橋は、月光川ダムの脇にある橋で、
車が通行できる橋としては、月光川最上流に架かっています。

ダムから見た月光川大橋



ズームで覗くと、山頂も手が届きそうでした。



中学校の遠足で、ここまで歩いてきたのを思い出しましたicon11

フォトラバ ※マイ.橋あります!※ に参加しています

  

Posted by はらほろ at 08:09Comments(13)マイ.橋あります!