プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (181)
長散歩 (3)
鳥海山 (105)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (54)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (81)
イベント (109)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (216)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (106)
花景色 (156)
桜景色 (79)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (44)
紅葉景色 (24)
梅だより (37)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (126)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (62)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人

2022年08月13日

夜の散歩をしないかね

父の新盆の『あれやこれや』を終えて、
晩酌の酔い醒ましに、久方ぶりに夜の散歩へ。
近所の自販機に群がるカエルさんに出逢いました。
夜の散歩をしないかね
自販機の灯りに誘われた小虫、に誘われたカエル、に誘われたワタシ(^o^;)
夜の散歩をしないかね
夜の散歩をしないかね
夜の散歩をしないかね
我が町を育む大自然にまた、ワタシも生かされているなぁと思いながらも・・・
夜の散歩をしないかね
酔い醒ましのヂュースを買うのをタメラワズにはいられない
夜の散歩になりました(^_^;)

同じカテゴリー(夜の散歩をしないかね)の記事画像
皆既月食大作戦
玉簾の滝 春のライトアップ'19
超月いでる!
玉簾の滝 夏のライトアップ'15
ホタルノヒカリ♪
羽黒山五重塔 ライトアップ♪
同じカテゴリー(夜の散歩をしないかね)の記事
 皆既月食大作戦 (2021-05-26 22:53)
 玉簾の滝 春のライトアップ'19 (2019-05-06 00:10)
 超月いでる! (2016-11-14 17:32)
 玉簾の滝 夏のライトアップ'15 (2015-08-17 07:17)
 ホタルノヒカリ♪ (2015-06-21 07:21)
 羽黒山五重塔 ライトアップ♪ (2015-06-14 08:18)

この記事へのコメント
はらほろさんお久しぶりデス。はらほろさんの投稿めちゃくちゃ嬉しいな。お父さん亡くなられたのですね。御冥福をお祈り致します。
Posted by フラワー at 2022年08月13日 22:32
フラワーさん、コメントありがとうございます。
おっ、お久しぶりです(^o^;)
久方ぶりに投稿した記事にコメントをいただき
いささかキンチョーしております(汗)
年を重ねてモロモロ諸事情を経ておりますが
おかげさまで元気にノンキに暮らしておりますよっ☆
ご覧いただき、ありがとうございましたっ♪v(*'-^*)^☆
Posted by はらほろはらほろ at 2022年08月13日 23:24
久しぶりに酒田の風にあたりました びっき、という言葉を思い出しました
Posted by 旅の人 at 2022年08月14日 13:43
旅の人さん、コメントありがとうございます。
一応全国発信しているブログ⁉️なので
カエルと書きましたが
普段はフツーに『びっき』と、呼んでいます(*^-^*)
梅雨が早く明けた割には、いつまでも雨の残る庄内地方・・・
夕方に降った雨のせいで
今日も蒸し暑い夜になりそうです(^o^;)
Posted by はらほろはらほろ at 2022年08月14日 19:49
はらほろ様

 無沙汰しております。久し振りの更新ですよね?真夏の庄内地方の夜は、蛙達が自販機の商品表示画面の上で、そっと集会を開催しているとは!
 他所者には、全く想定外の出来事です。
 
地元の会話では「びっき」ですか? そう云えば、昔、何処かの詩人が、そんな言葉を使っていましたよね。遠い記憶を思い出しました。

 また時間があれば、記事や写真を投稿して下さい。 お元気で。
 
Posted by Yozakura at 2022年09月12日 19:22
はらほろ様
 先週の月曜日、丁度1週間前に投稿したばかりで、恐縮です。最近の某新聞朝刊の俳壇掲載欄に、未知の俳人に依る面白い投句を見つけましたので、勝手に書き込み致します。御不用であれば、削除なさって下さい。
 失礼しました。

『盆踊(ぼんおどり)果てて自販機煌々と』
(兵庫県、K村氏)

 盛夏の夜を賑わせた「恒例の盆踊りも、終わってみれば、従前の夜半の静けさが何時の間にか戻り、
 自販機も何食わぬ顔で元道理、煌々と輝くばかりだ」と云った按配でしょうか?

 自販機の「シレッとした造り顔」が、夏の終わりを何気なくも象る処に、一抹の悲哀と可笑しさが混み上げて来るようです。
 今後とも、お元気で。
Posted by Yozakura at 2022年09月19日 14:23
Yozakuraさん
コメントありがとうございます。
最近は自分のブログを開くのも稀になってしまい
お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。
夏の間、あれほど賑やかに鳴いていたカエルも、今は土の中・・・
(Yozakuraさんのおっしゃる通り、ウチのまわりではカエルを『びっき』と呼称します。)
季節がうつろい、周囲の景色が一変しても
自販機の明かりは、田舎の夜を煌々と照らしています。
めぐる季節の中で、変わるものと変わらぬもの
人の営みの中で、儚いものと確かなもの・・・
Yozakuraさんのコメントを拝見して、しばしそんな事に思いを馳ていました♪
Posted by はらほろはらほろ at 2023年01月10日 13:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。