プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (175)
長散歩 (3)
鳥海山 (101)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (54)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (80)
イベント (107)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (216)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (103)
花景色 (151)
桜景色 (75)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (43)
紅葉景色 (21)
梅だより (35)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (123)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (61)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人

2009年01月31日

ババシャツ!

この間の休日に、引き出しの奥から発掘された、
東洋の巨人 ジャイアント馬場Tシャツです



前に紹介したたうえTシャツもそうですが、私は一時期プロレス命だった事があり、
会場に行く度にイロんなグッズを買っては幸福感に浸っていましたicon10

胸にはジャイアント馬場の直筆サイン



馬場選手が亡くなったのは、1999年1月31日。
今日でちょうど10年になります・・・
このTシャツは私にとっては形見の品ですicon11

フォトラバ ■Tシャツ堂■ に参加しています

同じカテゴリー(■Tシャツ堂■)の記事画像
ヱビスなTシャツ♪
種まきじいさんTシャツ♪
バッファローマン♪
竹の露Tシャツ♪
麓井Tシャツ♪
本気Tシャツ♪
同じカテゴリー(■Tシャツ堂■)の記事
 ヱビスなTシャツ♪ (2016-09-28 07:28)
 種まきじいさんTシャツ♪ (2015-05-02 09:36)
 バッファローマン♪ (2013-08-09 08:04)
 竹の露Tシャツ♪ (2013-06-09 07:09)
 麓井Tシャツ♪ (2012-05-30 07:13)
 本気Tシャツ♪ (2011-07-21 12:32)

この記事へのコメント
いいババシャツですねぇ

私もプロレス大好きでしたが、上山に来るのは女子プロレスばかりで(来るたび観に行ってましたが照)
男子の生プロレスは一度も観たことがありません
Posted by ガジラ at 2009年01月31日 12:05
ガジラ さん
コメントありがとうございます。
当時の全日本プロレスはシビアな試合から
コミカルな試合まで、
年齢を問わず楽しめるエンターテーメントだったと思います♪
当時の思い出が詰まった、このババシャツは着れません☆
Posted by はらほろはらほろ at 2009年01月31日 12:12
是非、ババシャツ着て、『っパ〜〜!!』を

記念ポーズで残しておきましょうよ^^ゞ
Posted by 藤丸♪ at 2009年01月31日 12:20
すいません、、、
タイトルで別のシャツを連想してしまいました(笑
それにしても今日が命日だったとは知りませんでした、、、
思い出が沢山詰まった1枚ですよね。
Posted by ざいご at 2009年01月31日 12:49
今日が命日ですか~。
体もおっきい馬場さんだけど、心もおっきい人でしたの

是非、是非馬場シャツ着て『っぱ~』して下さい。
Posted by 仏壇屋のおばちゃん♪ at 2009年01月31日 12:54
私もタイトルを見て
いつも、私が着てるシャツと同じのだと思ったら
マニアックなTシャツのことだったのね(^o^;)

鑑定に出せば、結構な値段がつくんじゃないですか!!
Posted by リサナママ at 2009年01月31日 13:02
藤丸♪ さん
コメントありがとうございます。
ワタクシ、別に変装が趣味ぢゃありませんから(^。^)

ざいご さん
コメントありがとうございます。
>タイトルで別のシャツを連想してしまいました(笑
すいませんネラってました(^_-)-☆
多分当時はカラダがデカかったので着れなかったんだと思います♪
おかげで良い記念品になりました☆

仏壇屋のおばちゃん♪ さん
コメントありがとうございます。
あれから10年、ホントにあっと言う間です。
>是非、是非馬場シャツ着て『っぱ~』して下さい。
仏壇屋のおばちゃん♪ さんもですか~!
・・・こっそり袖を通してみようかな(^。^)
Posted by はらほろはらほろ at 2009年01月31日 13:04
リサナママ さん
コメントありがとうございます。
ええ~っ(゜o゜)
リサナママ さんも馬場選手のサイン入りをお召しですかっ!
って・・・違いますね(^_^;)
馬場選手は、会場ではいつも売店でサインしていたので
プロレス好きの人なら結構持ってると思います(^^)
Posted by はらほろはらほろ at 2009年01月31日 13:08
タイトルから・・・私もリサナママと同じようなババシャツを連想してしまいました(汗)
「はらほろさんが・・・なんで?」と。
読んで納得、こっちのババシャツでホッと
しました(笑)
Posted by minaminoko at 2009年01月31日 13:59
すごい
これは結構値打ちものですね
大切にしてください
Posted by 週末のプリンス週末のプリンス at 2009年01月31日 15:18
私も別のババシャツかと・・・(^.^:
すごいですね!サイン入りなんて!
宝物ですね(^^)
Posted by なっちゃんなっちゃん at 2009年01月31日 15:47
minaminoko さん
コメントありがとうございます。
紛らわしいタイトルで申し訳ないっす(^^ゞ
このシャツは誰が着ても“馬場シャツ”です(^。^)

週末のプリンス さん
コメントありがとうございます。
馬場選手のグッズに関しては、
他にもサイン入りの自伝とか持っています。
これも私にとっては宝物ですね~(*^^)v

なっちゃん さん
コメントありがとうございます。
当時は、売店で買い物をすると
もれなく馬場選手がサインしてくれました。
別の選手のTシャツにサインして貰った時は、
正直「なんだかな~」って感じでした(^_^;)
Posted by はらほろはらほろ at 2009年01月31日 16:03
おばちゃんの原宿で流行の
真っ赤なシャツを想像したのですが、見事にはるかに、上まわったババシャツでした。
Posted by あね at 2009年01月31日 17:28
あね さん
コメントありがとうございます。
真っ赤なシャツですか~♪
馬場選手のトランクスの色は
真っ赤だったんですよね☆
なんだか懐かしいっす(●^o^●)
Posted by はらほろはらほろ at 2009年01月31日 17:43
貴重なTシャツですね♪

格闘技は苦手ですが、一度だけ
尾花沢市体育館に「みちのくプロレス」の
興行があったので観に行きました♪
笑えるし、楽しいプロレスで、「こんなのも
あるんなだな♪」って初めてプロレスに
興味を持ちました♪
⊂(^O^)⊃
Posted by 山形のコアラ at 2009年02月28日 11:42
山形のコアラ さん
コメントありがとうございます。
「みちのくプロレス」は楽しいですよね~♪
私はデカイので、「みちのくプロレス」を観にいくと
レスラーより体格が良かったりします(^_^;)
Posted by はらほろはらほろ at 2009年02月28日 11:50
はらほろ様
 またまた、亀レスにて失礼します。

 RC Succession の清志郎と云い、ジャイアント馬場と云い、お気に入りのスターなら必ずTシャツを購入されていらっしゃる模様ですね?
 死後は、こうして図らずも「貴重な遺品」となり、故人を偲ぶ形見として珍重できる----とても贅沢な時間をお持ちの御様子、何よりです。

 何時も何時も、楽しませて頂いてばかりですので、故人・ジャイアント馬場さんの「想い出話」を一つ、披露させて下さい。

 あれは、何年前の話だったでしょうか、10年前だったか、或いは10数年前だったか、NHKラジオの深夜便放送にて、馬場さんへの1時間ものロング・インタビュー番組が放送されました。
 経験豊かなアナウンサーによる落ち着いた問い掛けに、馬場さんも心和んだか、若き日々の一節を、ポツリポツリと話すのです。
 で、はらほろ様、その、言葉がボトリ、ボトリと,間歇的に零れ落ちるような朴訥とした馬場さんの語り口に、また、何とも云えぬ「味」があるのです。語ることで、自分を飾ろうとか、自分を良く見せようとか、御客さんにウケようとか、その種の「虚飾」とか「見栄」、「打算」といった類の功利意識が、微塵も感じられないのです。

 で、話す内容が、若き日に、プロ野球球団の読売ジャイアンツに入団、投手として多摩川で必死に練習していたが、中々芽が出ず、遂に退団。
 その後、アメリカに渡り、今度はプロレスラーとなって、全米各地を試合の興行で東奔西走、あちこちの町を廻ったそうです。

 そうした、プロレス巡業に多忙であった日々、その頃のアメリカでは、Sukiyaki Song がヒット中で、あちこちで聞いたそうです。それは、本来は、日本の坂本九さんが唄った「上を向いて歩こう」の英語版で、懐かしいメロディーに、馬場さんも、緊張が緩み、よく聴いたのだそうです。

 ただ、その特別インタビューで、御本人が、ボソボソとした口調で語りますには、はらほろ様、
 馬場氏は、そのスキヤキ・ソングを聴く度に、どうしたことか、悲しくなり、初めて訪れた異国の見知らぬ町の街角で、訳もなく涙が溢れ、ボロボロと溢れ、とまらなくなったそうです。
 「ええ、ですから本当に、上を向いて歩かないと、涙が零れてしまうんですよ」-----ご本人も、確か、そんな苦労話を披露していました。

 但し、はらほろ様、そこが、スポーツ選手の馬場さんなので、「野球選手でモノにならなかったから、その挫折意識があって、泣けてきた」とか、「異郷で転戦巡業していたので、フルサト日本の歌を聴いて、泣けてきた」とか、
 そういった類の、自己の心理分析とか、行動の原理を解析するとか、その種の「分析や解析などの理屈付け」は、一切しないんですね。
 ただ、ひたすら想い出を辿り、ボロり、ボロりと言葉を零しながら、当時の日常を回想する語り口それ自体が、馬場さんの心情を補って余りある解説となり、枕元でラジオを聞き流していた私も、その茫洋たる朴訥な語りに、何時しか引き摺り込まれて仕舞いました。

 またそのうち、何時かNHKも、再放送をして呉れるやも知れません。
 長文の書き込み、失礼しました。お元気で。
 
Posted by Yozakura at 2009年06月14日 02:34
Yozakura さん
コメントありがとうございます。
Yozakura さんの文章を拝見して
馬場選手の話す声が、実際に聞こえてくるように感じました。
アスリートとしては勿論、人柄も一流だった馬場選手の
飾らない性格がヒシヒシと伝わってきます。
良いお話をありがとうございました(^^)
Posted by はらほろはらほろ at 2009年06月14日 08:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。