プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (170)
長散歩 (3)
鳥海山 (99)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (53)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (77)
イベント (107)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (215)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (102)
花景色 (148)
桜景色 (72)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (43)
紅葉景色 (21)
梅だより (31)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (123)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (59)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2011年09月15日

抹茶と和菓子

この間の旧鐙屋の見学の時、300円でお抹茶(和菓子付きがいただけると知った私は
モチロンまよわずお願いしました



手入れの行きとどいた庭園の濃い緑に、
お抹茶の鮮やかな色合いと清々しい香りが良く似合います





添えられた和菓子は「秋桜(コスモス)」という名前との事heart



季節感のある風情と上品な甘さが、お抹茶の味わいに良く合っていましたicon12



酒田市の真ん中にもかかわらず、喧騒とは無縁の旧鐙屋さんで一休み。



他所では得がたい贅沢な時間を過ごす事が出来たように思います。



休日の午後に旧鐙屋さんでお抹茶・・・
地元の方にこそオススメですっ!


タグ :酒田

同じカテゴリー(美術館・資料館)の記事画像
ドールハウスの世界♪
白壁兵舎広報史料館
現代アート展♪
『子供之友』原画展
アルフォンス・ミュシャ展
渡邉邸
同じカテゴリー(美術館・資料館)の記事
 ドールハウスの世界♪ (2017-09-22 19:59)
 白壁兵舎広報史料館 (2017-09-15 06:48)
 現代アート展♪ (2017-08-04 22:55)
 『子供之友』原画展 (2017-07-18 19:18)
 アルフォンス・ミュシャ展 (2017-05-11 08:17)
 渡邉邸 (2017-05-08 20:28)
この記事へのコメント
ワタシも数年前うががって頂戴したことありますよ~

はらほろさんに似合う感じ♪(*^^)v
Posted by はあと♪はあと♪ at 2011年09月15日 10:49
はあと♪さん
コメントありがとうございます。
羽黒の玉川寺で抹茶をいただいてから
にわか抹茶ファンになってしまった私・・・
普段はひどく落ち着きのないオヤジなんですが
お庭を眺めながらノンビリするのも、たまには良いものですね(^。^)
Posted by はらほろはらほろ at 2011年09月15日 13:23
お抹茶と、和菓子の「コスモス」・・
なんとも上品な~(^^)

ゆっくりと味わってみたいです~
Posted by える☆ at 2011年09月15日 14:26
本当ですね。酒田の真ん中で。門1つくぐったら別世界。600円で説明聞けて和菓子お抹茶戴けるんですかお抹茶戴きたいです。緩やかな風あたりながら戴くの気持ち良さそうだな
Posted by ミカ at 2011年09月15日 15:52
える☆さん
コメントありがとうございます。
酒田の真ん中での抹茶三昧♪
午後の旧鐙屋さんは、文字通りの「大人の隠れ家」でした(^o^)

ミカ さん
コメントありがとうございます。
庭園を見ながらのお抹茶は、かなり和めますよ♪
平日の午後をノンビリ過ごす事が出来ました☆
Posted by はらほろはらほろ at 2011年09月15日 18:21
辛党 甘党 両刀使いの私 コスモス食べてみたいっす
 さて はらほろさん
23日 米沢 伝国の杜で○○○○フェスティバルにガジラ師匠に誘われてます
 私的には乗り気でないのですが、はらほろさんとなら同行できる勇気が湧いて来るんですが、ご検討下さいませ 
Posted by しゃくやくしゃくやく at 2011年09月15日 18:24
鐙屋さんのぉ~
いっぺん入って見たいなぁ~とは思いつつ、「まぁそのうち」を繰り返して、いまだに入っていません。
こんなレポートを見せられたら、「そのうち」なんて言わずに、今度こそ行きます(^^)
Posted by 猿顔のアザラシ猿顔のアザラシ at 2011年09月15日 19:57
風流ですね♪
まさに「和」の世界です。
姉夫婦を連れていったことを思い出します。
なぜか、色々質問されて、詳しくもないのに色々説明していたような記憶です。
Posted by oliveolive at 2011年09月15日 22:54
こんにちは♪

「抹茶と和菓子」の写真を見ていると
これまでアチコチのお寺や庭園などでいただいたことを思いましてしまいました。
自宅でもときどき抹茶を楽しんでいますが
庭を見ながら楽しむのが最高ですネ♪
Posted by バックG at 2011年09月16日 10:19
しゃくやく さん
コメントありがとうございます。
おおっ、しゃくやくさんの甘辛どちらもイケる“二刀流”でしたか~♪
私もボタモチをアテにして芋焼酎を飲れる派です(●^o^●)

23日のフェスティバル、勤務休みならスキップしながら伺うところですが
残念ながら夜勤のため遠出できそうにありません(T_T)
またの機会に誘って下さいませm(__)m

猿顔のアザラシ さん
コメントありがとうございます。
私もずうっと「まぁそのうち・・・」だったんですが、市役所へ行ったついでに
「エイヤッ!」とばかりに入って来ました♪
思ったよりシキイが低くて、思ったより見所がある場所でしたよっ(^_-)-☆

oliveさん
コメントありがとうございます。
文字通りの「和」の世界♪
「和」の世界でのんびり「和(なご)んで」、
かつ、酒田の歴史について楽しく学んで来ました(^。^)

バックG さん
コメントありがとうございます。
お家で抹茶ですか!♪
あこがれちゃいますね~♪
私なんか作法もまるで分からないので
茶碗はワシづかみ、写真は撮りまくりで
お茶を点てた方に失礼だったなぁと、少し反省しています(^^ゞ
作法は皆目わかりませんが、雰囲気だけは存分に堪能してきました☆
Posted by はらほろはらほろ at 2011年09月16日 10:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。