プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (174)
長散歩 (3)
鳥海山 (101)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (54)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (79)
イベント (107)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (216)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (103)
花景色 (151)
桜景色 (75)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (43)
紅葉景色 (21)
梅だより (35)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (123)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (60)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2018年05月24日

都忘れに五月の雨♪

夜半から朝方まで降った雨が、我が家の庭のミヤコワスレに大粒の水滴になって乗っていました



小さな花びらからコボれんばかりの五月の雨が、雨上がりのしっとりした空気の中で
宝石のように輝いて見えます
icon12







五月を潤す穏やかな雨に、草花も私も癒された思いがしました




  
Posted by はらほろ at 12:54Comments(0)花景色

2018年05月16日

古民家カフェ「わだや」♪

近所にオープンしたばかりの古民家カフェ「わだや」さんへ行ってきましたf01



築70年の古民家をDIYでカフェに生まれ変わらせた、古くて新しい“町の新名所”ですicon22





イチオシメニューは、遊佐愛あふれる手作りおやき



今回は季節限定のずんだ200円コーヒー300円をいただきました。



趣きを感じる受け取り口から供される、侘びた古民家の居室でいただく手作りおやきは・・・







素朴で優しい味わいが、溢れんばかりの具だくさん





鶴岡のひぐらし珈琲さんの「わだやオリジナルブレンド」のコーヒーの味わいも格別ですheart



こんなところにも、“遊佐町を感じる心配り”が嬉しいですね~



こちらのお店のもう一つのお楽しみは、築70年の古民家探索。



70余年もの間、ここに住まった家族の歳月が
温もりとなって部屋のしつらいの端々から匂い立つようです
icon12









一階の洋室と二階の和室2部屋は、レンタルスペースhouse02











会議にイベントに・・・アイディア次第で活用方法無限大ですrose



窓の外に季節のうつろいを感じながら・・・



ゆっくりと時間の流れる古民家でのコーヒータイムで、自分にご褒美icon27





コチラのお店が末永く我が町で愛され続けるお店になる事を、ココロから願う私ですicon06



【古民家カフェ わだや】 住所:遊佐町吉出和田3-5
           営業時間 11:00~18:30(L.O.17:30)
           定休日: 木曜日、金曜日

     
  
タグ :遊佐町

Posted by はらほろ at 19:40Comments(2)お店

2018年05月15日

ブルーラインGOGO’18

ハタケ仕事もひと段落ついた午後、野良着のままCUBで鳥海ブルーラインf01
とりあえず鉾立駐車場近くの“雪の壁”で、今年も記念写真を撮ってcamera



鉾立の展望台で山頂を望んでからは・・・





早春の標高1150mから春爛漫のフモト一気呵成にひと下り
























鳥海ブルーラインには今、東北の春のすべてが揃っていますっicon12


  

Posted by はらほろ at 19:11Comments(2)GO GO CUB!

2018年05月11日

今朝のかたつむり♪

夜勤待ちの朝散歩、いつもの土手道で今年もかたつむりに出逢いました



曇り空に時折差し込む朝の日に、触覚やカラを透かすかたつむり





いいトシをしてicon10朝からかたつむりからアソんでもらいましたheart



  
Posted by はらほろ at 08:45Comments(2)散歩

2018年05月07日

80畳の大藤棚♪

昨日は、セガレに“救援物資”を届けに家族で新潟へドライブf01
立ち寄った北方文化博物館で、藤の花を楽しんできました



敷地中央に広がる80畳の大藤棚、樹齢150年の藤の大木は今が盛りの満開状態



今を盛りと咲き誇る藤の花で、陰影を濃くした棚の下とその周囲には
濃厚な藤の花の香りがたちこめます。
















越後随一の大地主として栄華を誇った伊藤家邸宅ともども、圧巻の景観に
しばし見とれてきました
icon12










  
タグ :新潟市

Posted by はらほろ at 08:32Comments(0)花景色