プロフィール
はらほろ
はらほろ
『歩歩起清風(ほほ、せいふうをおこす)』をモットーに、
デジカメ持ってアチコチうろついています。
アクセスカウンタ
カテゴリ
散歩 (170)
長散歩 (3)
鳥海山 (99)
お菓子 (52)
和菓子 (91)
洋菓子 (100)
お団子 (39)
お餅 (53)
氷菓子 (84)
お香 (30)
行事 (12)
遊佐町 (22)
地区 (31)
学校 (31)
行楽 (77)
イベント (107)
お祭り (28)
映画 (52)
温泉 (30)
お店 (215)
BBC (65)
丸幸屋 (5)
栄軒 (7)
風景 (102)
花景色 (148)
桜景色 (72)
昆虫図鑑 (14)
滝景色 (43)
紅葉景色 (21)
梅だより (31)
玉川寺 (30)
總光寺 (7)
道楽 (69)
畑づくり (123)
手作り (18)
てぬぐい (77)
水蓮鉢 (11)
方言 (10)
本棚 (38)
当たり! (59)
ムスメ (35)
セガレ (66)
チコ婆 (52)
過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人

2017年09月14日

新発田城そぞろ歩き

一昨日昨日と勤務休みを利用して、新潟のセガレに゛慰問”に行っていた私。
昨日の朝にセガレと別れてからの帰路に、新発田城を散策してきました。



初代新発田藩主溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)候により慶長3年(1598年)に築城された新発田城。
春は桜の名所としても名高い場所ですが、掘りの水に映る初秋の櫓群は落ち着いた風情を醸し出しています。





城の表門前に立っているは、堀部安兵衛武庸像。



高田馬場の決闘や忠臣蔵で名高い堀部安兵衛は、ご当地新発田の生まれだったんですね。



9時の開門を待って、国指定重要文化財の表門と旧二の丸隅櫓と平成16年に修復された辰巳櫓を見学。







場内には初代藩主溝口秀勝候の立像がありました。



表門から観た、城の内外の様子。





旧二の丸隅櫓から城の外を伺えば、藩政時代の物見の気分が味わえますicon12



修復なった辰巳櫓内部には、当時を偲ばせる様々な展示物が目を惹きました。





辰巳櫓と一緒に修復された三階櫓の方は、自衛隊駐屯地敷地内とのことで残念ながら非公開とのことicon10





城の周囲を散策しながら、自衛隊の車輛と城郭の遺構が共存する景色を興味深く眺めてきました。





古い城下町だけあって、城に向かう途中の道すがらにも魅力ある風情を感じた新発田市・・・



セガレが新潟にいるうちに、じっくりと市内を散策してみたいと思っています♪  

Posted by はらほろ at 12:24Comments(5)散歩